Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Twitter
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

 FOR座REST blog

<< スケジュール! | main | モリノネ >>
FOR座REST2011

座REST

 3月11日におきた東北関東大震災では、皆様から激励や心温まるメッセージを頂きました。
福島市は内陸部のために、沿岸の壊滅的な風景とは比較になりませんが、壁や天井の崩落、塀の倒壊もありました。ライフラインも復旧しまして震災前の福島に戻りつつありますが、福島県民は放射能に怯え、憤り、避難している状況にあります。
農林水産業の被害、観光、製造業など多岐に渡り乗り越えなければなりません。先日、とある飲食店で南相馬市から避難した方と出会いました。自宅と祖父、子供たちを波にさらわれたそうです。原発からほど近い場所にあるためすぐに避難エリアとなり、自己責任のもと、立ち入り、重機を借りてずっと一人で捜索しているそうです。
「手をふっている我が子を明日も探しにいくぞ!」と笑顔でお店を後にしました。地震、津波、放射能、三重苦です。そのような方から比べれば恵まれていますし、とにかく前に進まなければなりません。

長くなってしまいましたが、FOR座REST2011は6月18日、19日を予定して準備してきました。ここまで執行スタッフ・関係者と協議検討した結果、今年のFOR座RESTは中止することにしました。現状に不安を持ちながら働くもの、避難や会社の再建するもの、逆に避難所でボランティア活動するもの、…バラバラになってしまいまい、6月どこでどのような生活をしているか分からない状況でイベント準備をするのは困難と判断しました。
このような状況だからこそ、音楽の力は絶大でありますし、いま、避難所には音楽の力が求められています。モノが満たされた後の安らぎを必要としています。そこで会場が避難所の近くにもなっているFOR座REST開催は本当に意味があるものと思っていますが、まずは我々の生活を復旧しなければなりません。

3月19日情報公開、4月1日チケット発売、関係各所にも確認を取れ、広報も順調に進んでいて、素晴らしい出演者の皆さんをお知らせすること楽しみにしていました。盲学校でのチャリティーライブ、「古代の宇宙観」「いま地球におきていること」など多くのお客様に無料で聞いて頂く講演会やトークショーなど準備していました。
夢のようなイベントを夢にも思わなかったことで開催できないこと悔しくてしかたありません。

FOR座RESTを心待ちにしていた皆様、本当に申し訳ありません。東北、福島は必ず復活します!6月の開催は難しくとも、いつの日か笑顔で会える日を心待ちにしています。

被災された皆様の一日でも早い復興をお祈りしています。心は共に!

| - | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。