Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Twitter
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

 FOR座REST blog

<< 「FOR座REST大学」講義紹介 | main | 1年 >>
「居住」と「住居」のちがいもわかっちゃいます.

FOR座REST大学の「建築」の講義を担当している,アサノコウタです.
片仮名でごめんなさい.

さて,このたびのFOR座REST大学では,「建築」の講義もございます.
他のテーマにくらべると,ちょっとこむずかしいのではないか,と思われてしまう「建築」というジャンルですが,みなさんの生活のなかで必要とされているものとは「衣・食・住」であると,きっとみなさんも家庭科の授業などで習ったとおもいます.そうです,「住」について考えることっていうのは,きっと震災以後のこの世の中で,必要とされることなんだとおもいます.難しいことは,僕も苦手なので書きませんが,書けませんが,やっぱり「住居」や「居住」ということについても,震災の前後できっと少なくない変化というものはあるとおもうんです.そこで,そんな「住居」や「居住」について,建築家のかたを招聘しておはなしをみんなで聴いてみようという,このたびの企画なわけです.もちろん,そこはFOR座RESTですので,そういったちょっと敷居が高く感じられがちな「建築」の話を,飯坂学習センターの和室で座布団のうえに座って聴いちゃうといったものになっております.
きっと楽しいです.かならず楽しいです.

ここで,「住居」,「居住」と書きましたが,この前後が入れ替わった双方の熟語って,語意は異なるんです.そんな熟語の違いもきっと,おふたりの建築家が教えてくれます.
じつは,建築の講義は「ふくしま住居論」と「フクシマ居住論」という双子の講義を連続で聴くことができちゃいます.前者には,福島の野武士建築家である遠藤知世吉さん,後者には只今,新政府内閣総理大臣と自他とも認められている坂口恭平さん,このおふたりの講演を連続で聴くことができるのは,今回のFOR座REST大学だけです.ぜひぜひ,聴いてみてください.

講義予約のメールアドレスは, fzr.house@gmail.com です.


いまみなさんが生活をしているところ,ちょうどいまこの文章を呼んでいるその場所,どんなところにだって「建築」はあります.きっと,新しいモノの見方なんかについても,きづきをえられるような講義になるとおもいます.
どうぞ,よろしくおねがいいたします.




| - | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。